【あなどれない長瀞グルメ】移住1ヶ月目でわたしが食べたあれこれ。

長瀞で”リアル”に食べたもの

こんにちは。ひよっこ長瀞移住者のキタスジです。

長瀞にきてからなんだかウエストが苦しくなった気がしている、移住1ヶ月目のわたしが、

💡長瀞生活で”リアル”に食べたもの
観光としてではなく、この町で生活している日々の中で何気なく食べていたものあれこれをご紹介します。

うめだ屋:おからドーナツ

▷うめだ屋
〒369-1305 埼玉県秩父郡長瀞町長瀞268
長瀞ランチ|お豆ふ処 うめだ屋
長瀞のお豆ふ処 うめだ屋の公式サイトです。地元秩父の大豆と水、天然のにがりを使って手作りした豆腐です。朝できたばかりのお豆腐をランチで味わうことが出来ます。おからのドーナツやクッキーなどお豆腐を使ったスイーツも人気!

移住してすぐに買いに行った

お豆腐処うめだ屋さんの、おからドーナツ

観光客にも大人気なので知名度も抜群ですが、地元でも人気の理由がわかります。
だっておいしい。
かなり月並みな表現だけど、わたしの知ってるおからドーナツってこんなんじゃなかった!見事にハマってしまい既に3回もリピートしました

手作り豆腐もなめらかでデザートのよう。

お豆腐を購入したらおからも頂けるのが嬉しいサービスです!お豆腐屋さんの隣にレストランもあって食事も楽しめるので、次回はランチにお伺いする予定にしてます。

大さわ:ニシンひやひや

▷大さわ
〒369-1311 埼玉県秩父郡長瀞町岩田911
秩父長瀞のランチなら十割そばの食べ比べ蕎麦大さわ
十割そば・新そば食べ比べと新そばリレー

十割そばの大さわさん

お蕎麦処がたくさんある長瀞町。
その中でも、「この先わたしのお気に入り上位に君臨するだろう。」と思うほど感激のおいしさでした。店主こだわりの手打ち蕎麦はもちろん、ニシンが甘くてふっくらしていて、思い出しただけでもヨダレもんです。

ご夫婦で切り盛りされていて、ひよっこ移住者のわたし達にも温かいその雰囲気の中、ついつい長居をしてしまいました。お蕎麦屋さんの敷地内で2匹のかわいいヤギにも会えるお店。長瀞に友達が遊びに来たら絶対連れて行きたいお店です。


長瀞名物:みそポテト

長瀞名物、みそポテト

商店街を歩いていると、この”みそポテト”を頬張りつつ歩いている観光客を見かけます。みんなの食べたいものリストにしっかり入っている、そんな存在。

衣であげたポテトに、甘いお味噌のタレをかけていただきます。なんだか昔、屋台で食べたことあるような、そんな懐かしい味がします。外国人観光客にも喜ばれそうなボリューミーな地元グルメ


手作り:しゃくしなおやき、お団子

長瀞民の味方フジマート(スーパー)で買った、

手作りおやき・お団子

農家さんの手作り野菜コーナーの隣に並べられている、この手作りおやつコーナーの誘惑に毎回負けてしまいます。

”しゃくしな”とは「体菜」のことであり、明治初期に中国から伝来し、秩父地方では古くから栽培している伝統野菜の一つだそう。全然知らなかった!知らずに地元名産をおやきでおいしく頂いていました。ルックスから伝わるお団子のおいしさも文句なし。


あなどれない、長瀞の”食”

わたしはここ長瀞に移住する前、カナダに2年間滞在をしていたことがありました。念願の海外生活だったので、願ったり叶ったり意気揚々と始めた生活、その”暮らし”についての色々・ノウハウ?…は、いつか機会があれば触れるコトとして←

そんな日々の中でも日本の「食べ物」に関してはいつも思いを馳せていました。
ことあるごとに、
あれが食べたい、
これが食べたい
なんて思っていたのです。
だから日本に帰ってきて1番感動したのも「食べ物」のコト。

やはり、日本は本当に「食」がおいしくて安い。改めて実感しています。

そしてここ、長瀞。あなどれない!!

何気なく、地元のおいしいものをたくさん食べていました。そう、特にリサーチして、とかでもなく、振り返れば無意識においしいものに出会っていたこの1ヶ月。

「これって名産はないんだけど・・・」

なんて聞いていたけど、そんなことない!!きっとこの町にはおいしいが溢れているのだと、確信しました。まだまだ探したいディープな長瀞グルメ。



コメント