【冬の長瀞でしたいコト】いちご狩りに行きたい!

長瀞町で冬の観光を楽しみたい!

田舎の冬は寒い!じゃなくて痛い!(*_*)
初めて迎えた冬、田舎の寒さに震えております、ひよっこ移住者キタスジ(@countryside_life_memo)です。

コロナ禍で田舎移住を実現させて、田舎暮らし3ヶ月目の新米移住者です!

首都圏からのアクセスも良く、観光地として知られるここ長瀞町。

川のアクティビティなども盛んで、夏場はとっても賑わう町なのです。
…が、わたしはまだ夏の長瀞を経験していないので、町の一車線の道路を走っては、

「ほんとにこの道が激混みするのだろうか…どんなコトになっちゃうの?」
と、未だ少しの疑いと、一抹の不安を抱えております。


と言うのも、冬の長瀞町がしずかーな、おだやかーな様子で、観光地としての盛り上がりは”一旦休憩中”だと感じる状況だからなのです。冬場の長瀞は何もない、なんて言われているけれど…

冬の長瀞には「いちご狩り」がある!!

これが、今回私がお伝えしたいこと。

長瀞でいちご狩りをするなら、「福島農園」さん

 長瀞福島農園
〒369-1303 埼⽟県秩⽗郡⻑瀞町中野上111
TEL. 090-5795-7472

実は我が家から、歩いて5分で行けるいちご農家さん。

いちごだけではなく、ジャムやプリンなども販売されています!
見た目もカワイイいちごグッズは見てるだけで幸せな気持ちに♡

採れるいちごは4種類。


長瀞・福島農園さんで栽培されていて、食べられるいちごは4種類。
左側から、

  • 紅ほっぺ
  • かおり野
  • よつぼし
  • やよいひめ

「色も味も違いますよー。」

と、お伺いしていたけれど、これが本当に違う。
写真だとイマイチ伝わりづらいのが残念なのですが、いちごはいちごでも本当に種類によって色や形が違ってびっくりしました。
そういえばこんなチャンスがない限り、種類が違ういちごを並べて比べることなんてなかったなー。

いちごはいちご

だと、思っていたけれど、味も全然違うのそれぞれの食べ比べ、それだけでも十分に楽しめるいちご狩りの時間。

食べ頃いちごの見分け方

いちごはあかーくなってると食べ頃?

と、言うよりも、ヘタを見て判断するそう。
ヘタが上に反り返っているいちごがおいしい”食べ頃いちご”だそうです。

収穫は、
ヘタの上の方から、いちごを「クイっ」と折るように優しーくです🍓


スーパーで見かけるいちごってこんなにヘタがそってるっけ?
なんだか、こんなにじっくりいちごを眺めるコトなんてなかったので、新鮮です。

採って1秒で食べる、贅沢さ


スーパーでも道の駅でも買えるいちご。
冬の長瀞にわざわざきて、「いちご狩り」をする。

そこには、採りたて1秒で食べられる。そんな究極の贅沢があります。しかも、やはり自分の手で収穫するものを食べる、なんて尚のこと贅沢です。

自分の手で採って、1秒で食べる贅沢さ。

冬の長瀞の魅力、味わう価値は十分にあります!!!

田舎で初めてのいちご狩り|うちから歩いて5分のいちごファーム|冬の長瀞町|田舎移住【田舎暮らしMemo#8】



コメント