【田舎のおいしいパン屋さん】秩父”くろうさぎ”にハマる。

田舎のおいしいパン屋さん

こんにちは!
ひよっこ田舎移住者のキタスジです。
パンよりご飯派!無類のパン好きのわたしが最近どハマりしている、秩父のおいしいパン屋さんをご紹介します。

ラパン ノワール くろうさぎ/Lapin Noir

西武秩父駅から徒歩5分の場所にある創業20年の老舗パン屋さん。
お店の隣に3台分の駐車場スペースもあります。

秩父のパン屋さんと言えば…このお店!
最近ハヤりの小洒落た雰囲気というよりは、温かみがあって歴史を感じる木洩れ陽のような雰囲気がここ秩父にすっごくマッチしているなーと感じる雰囲気の佇まいです。

お店の雰囲気

天井まで吹き抜けになっていて、かなりの開放感がある店内。
嬉しい事にお店の中にイートインスペースも用意されていて、買ったばかりのパンやケーキなどをコーヒーと共にお店の中ですぐに食べることも出来ちゃいます!
こんな感じのカフェパン屋さんってなかなか見かけないので、かなり嬉しい♡

天然酵母のパン

原材料は

・国産小麦

・オーガニックや自然製法の素材

・防腐剤等一切使用せず

ショーケース半分ほどのパンは、卵や乳製品を使用していない『ヴィーガン対応』のハード系のパンが多い印象。パンだけでなく、ケーキや焼き菓子、ジャムなども販売されています。

味の感想

この日わたしが食べたのは
・ひよこ豆と野菜の焼きカレーパン
・クロウサギのあんぱん
・クロワッサン
・野菜サンド

クロワッサン以外はヴィーガン対応メニューです。

くろうさぎさんのパンは色味からして感じる通り、全体的に素材の味メインのめちゃくちゃ優しい味。甘すぎない、濃すぎない味の優しいパンばかりです。中でも「クロウサギあんぱん」は今まで食べたあんぱんと呼ばれる物の中で、1番甘くない良い意味で衝撃のあんぱんでした。

カレーパンにしても揚げてない焼きタイプだし、クロワッサンもサクサクだけどバター味の濃いタイプではなくて、なんだかパンのハイカロリーに対しても罪悪感が少ないラインナップ。

サイズは小ぶりながら、価格はそれぞれ200円前後するので、パン屋さんのパンの中でも少しお高めな高級パンだと思います!が、原材料のこだわりを考えたら納得も出来ます。
(高価な分、あまり頻繁には食べられないかな…)

家でも食べてみた

店内でランチ替わりに食べたパンが予想以上においしくて、その日は食パンを買って帰り、なんと夜ご飯の後にも食べたパン日和。
ハード系の小さめの地粉食パンは410円しますが、大満足のおいしさであっとゆーまに食べ切ってしまいました。1つで8枚くらいは切れましたが、朝食に1枚だけだと少し物足りないかも!

別日にまたパンを買いに行った時には、オープンと同時につくと早すぎて食パンがまだ焼けてなかったので、カンパーニュ(ハーフ:243円)とバタール(367円)というフランスパンを買って帰りました。やっぱりシンプルなパンほどお店の味が際立って、とってもおいしい!これはパン屋さんじゃないと作れないなーと関心してしまいます。どちらもハード系のパンなので、あまり日をおくとカチカチになってしまうので、まとめて切ってしまい冷凍しています。

秩父長瀞のおいしい巡り

田舎暮らしを始めると、なかなか近場で便利なファストフードやカフェ利用は出来ないことも多いけど、その土地ならではの小さなお店を発見するのが楽しくなってきました。
『田舎のパン屋さん』ってなんだかそれだけでワクワクする響き。

秩父長瀞エリアのおいしい物巡り、続けていきたいと思います!

田舎のおいしいパン屋さん|秩父エリア・ラパンノワールくろうさぎ|田舎移住|田舎暮らしを楽しむ|埼玉県秩父郡長瀞町

コメント